中国最大のソーシャルメディアプラットフォームであるWeChatは、すべての暗号とNFT関連アカウントの禁止を発表したばかりです。この動きは、暗号に関して中国の厳しい立場を示す最新の例です。現時点で、暗号やNFTに関するWeChatアカウントは違法事業とみなされるでしょう。

 WeChatの暗号とNFTの禁止について

香港在住の暗号ニュース記者Colin Wuは、月曜日にTwitterで更新されたポリシーをシェアしています。ツイートの中で、Wu氏は「暗号とNFTの発行、取引、資金調達」に関わるWeChat上の公開アカウントが禁止対象となることを指摘しています。また、同記者は、WeChatのデイリーアクティブユーザーが中国で11億人という驚異的な数字を記録していることも強調しています。

はっきり言って、中国政府はWeChatやその暗号とNFTの禁止に関するポリシーを技術的に管理しているわけではありません。しかし、中国企業が従わなければならない厳しいルールに従わなければなりません。重要なのは、中国インターネットセキュリティ法および国家情報法に基づき、中国政府とデータを共有する必要があることです。そのため、中国政府に対する多くの批評家や観察者は、WeChatを監視ツールのようなものだと考えています。

中国は暗号やNFTと緊張した関係であると言うのは、非常に控えめな表現です。実際、中国はここ数カ月でほとんどのグローバル暗号通貨とNFTプラットフォームの使用をわざわざ禁止しています

とはいえ、中国と暗号の関係は必ずしも単純ではありません。実際、中国はNFTと独自の中央集権型デジタル通貨の両方を実験しています。明らかに、中国政府が懸念しているように、暗号の非中央集権的な側面が主な問題点となっています。確かに、暗号WeChatの禁止はそれを示唆しているようです。

 

関連記事

次の記事

Browse by Category

Welcome Back!

Login to your account below

Retrieve your password

Please enter your username or email address to reset your password.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?