欧州連合(EU)の立法者は今週、マネーロンダリング防止規則と暗号プロバイダーの新しい認可体制を確立するための会議を開催しています。さらに、EUは、EU法が全州にわたるNFT市場を規制すべきかどうかについても議論しています。 

 暗号とNFTに対するこれまでのEUの姿勢

EU委員会は確かにNFTと暗号マイニングに対してより厳しいアプローチを取ってきました。実際、委員会の職員と各国の代表者は、6月30日に会合を開き、立法交渉を完了させる予定です。しかし、多くの政治オブザーバーは、NFTに関する議論が続いているため、これには時間がかかる可能性があると述べています。

欧州議会はすでに、デジタル資産が人身売買や麻薬、テロリズムに利用されることを防ぐプライバシー規制について、3月31日に採決を行っています 。議論の対象となっているトピックは、NFT、NFTマーケットプレイス、非ホスト型ウォレットとの間の送金、暗号マイニングなどです。

 MiCAについて

MiCAは暗号資産に関するEU規制提案です。業界では、暗号企業がEUの4億5千万人の消費者にアクセスできるようになるため、これを概ね歓迎しています。

MiCAの主な問題の1つは、暗号マイニングの環境への影響です。欧州連合の議員たちは、炭素排出量を減少させるための規制を提案している。その結果、業界の専門家は、これがビットコインの禁止につながることを懸念している。欧州中央銀行のFabio Panetta氏のような人物は、より穏健な対応をしています – Proof of Work(PoW)への追加課税を提案しています。

政策概要についてコンセンサスが得られれば、各州がMiCAを実施するのは2024年までかかる可能性があります。さらに、政策立案者はすでにMiCA 2を計画し、法的な未解決事項を解決しようとしています。

 

 

関連記事

次の記事

Browse by Category

Welcome Back!

Login to your account below

Retrieve your password

Please enter your username or email address to reset your password.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?