MoonDAOが2つのランダムなNFTチケットホルダーを宇宙へ送り、NFTエコシステムはさらに大きくなろうとしています。現在、DAOはChainlinkと提携し、彼らの検証可能なランダム関数(VRF)を実装しています。このシステムは、公開抽選によって宇宙へ旅立つ当選NFTチケットを選択します。重要なのは、業界をリードする分散型オラクルネットワークを組み込むことで、改ざん防止および監査可能なランダム性のソースにアクセスできるようになることです。

 MoonDAO NFTのチケットをお持ちの方の中から抽選で2名様に宇宙旅行が当たる

MoonDAO は特別な任務を持った人々の国際的なグループです。宇宙旅行は、常に一般人の参加が制限されています。実際、宇宙飛行士を選ぶにはさまざまな要素がありますが、ほとんどの場合、NASAなどの政府機関が宇宙飛行士を選んでいます。基本的に、MoonDAO は宇宙へのアクセスを分散化し、研究と探査を支援したいと考えています。

さらに、DAOは宇宙旅行のチケットを購入するために、クラウドファンディングで800万ドル以上を集めました。現在、彼らは地球外の公共財のための資金調達を模索するために、助成金プログラムを作成しています。

 ブルーオリジンについて

MoonDAO は、宇宙へ飛び立つための素晴らしいブルーオリジン・ロケットのチケットを2枚購入しました。ブルーオリジンは、アメリカの航空宇宙メーカーであり、宇宙飛行サービス会社です。Amazonの生みの親であるJeff Bezos氏が2000年に設立した会社で、宇宙旅行の商業化という大きな計画も持っています

「チェーンリンクVRFは、Blue Originロケットの座席を獲得するためにNFT Ticket to Spaceホルダーをランダムに選ぶのに重要な役割を果たした」とMoonDAOのリーダー、Pablo Moncada-Larrotizは述べています

最後に、これはchainlink技術によって可能となり、公正な抽選となりました。さて、幸運な NFT チケット当選者 2 名は、MoonDAO のおかげで、space での体験の計画を始める必要があります。

 

関連記事

次の記事

Browse by Category

Welcome Back!

Login to your account below

Retrieve your password

Please enter your username or email address to reset your password.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?